太陽キングダム

Just another WordPress site

愛器YAMAHA CP300(エレピ)のしゅじゅちゅ

最近、我が愛器YAMAHA CP300の調子がおかしくなってきた。

弾いてると一個だけ鍵盤が引っ込んだまま戻ってこなくなってしまうのです。場所はB4にあたるところ。何故この鍵盤だけ?
壊れた鍵盤の場所 しかし、幅1,391mm×高さ170mm×奥行き60mm、重さ32.5Kg (YAMAHA HP より抜粋)もあるコイツを修理に出すには、スケジュールとか運搬の段取りナドナド、わりとめんどうなわけです。
 
新しいもの買うときは速攻出かけていくくせに、修理となるとどうも、ねぇ。あぁ、行くよ、行くってば、この用事終わったらね。・・・うーん、今日は疲れたなぁ明日にしよう。まぁ、まだたまにしか症状でないし、なんとかなってるし。ってな具合に延ばし延ばしになってしまうダメ男。
 
そうやって様子見つつ騙し騙し使っていたんだけど、さすがにもう無理。完全に戻らなくなってきた。
 
もう保証期間も切れてることだし、YOU開けちゃう?ということで、オーポンにチャレンジ。
 
開け方を探るのがめんどくさいので、まずはネットで調べもの。しかし、これ開けてるってブログや記事、一個もなし。うーん、意外と無いもんだなぁ。
 
次に英語サイトを検索。
”Yamaha CP300 Stage Piano Service Manual & Repair Guide”

おぉ、これだ!これじゃないか!?しかもYoutubeの動画じゃーん、ナイス!
 
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・ん?やけに短い動画だな・・・・え、詳しくはこのサイトを見ろ?なにこれ?宣伝用動画?えーこういう中身のない動画やめてよ。ま、いいか、とにかくサイトに行ってみよう。
 
Yamaha CP300 Stage Piano Service Manual & Repair Guide
Price: 11.99 USD
 
・・・pdfを11.99ドルで売ってるのね・・・しかしこれ、中身ちゃんと本物入っているのだろうか?という判断もすぐにはつかず、これを調べようとするとどんどん脇道にそれていく気がする。
 
はい、自力でやることに決定!
 
とりあえず目に見えるところの必要そうなネジを外す。おっ、蝶番が付いているぞ。もしかして・・・・ゴリゴリゴリ・・・・ガサゴソガサゴソ・・・・ガッパーン!綺麗に開いた!ちゃんとメンテしやすく作ってあるんだ。流石。
 
元に戻す手間を減らすよう、ここからのバラシは最低限に留めたい。果たして問題の鍵盤は壊れているのか?どこか折れていたりするのか?鍵盤外すのがめんどくさいので鏡とライトを使って鍵盤の後ろから中を覗き込む。・・・あれ、全然なんともなってないぞ。仕組みを観察するに、もしかして、これは単純にグリス切れ?
 
これは塗り直すとして、鍵盤外れるかな?外れるよね、きっと。どうやるんだろう?観察すること10分弱。多分、これだな。
 
しかし何か道具がないとこの部分のロックを外せないぞ。硬くて薄く平たい棒状のものが必要だな。
 
ここからしばし道具探しで部屋をガサゴソ。スチールの定規を発見。よしこれで・・・・よっしゃ外れた!
 
とったどぉ〜!!
白鍵 CP300オーポン さて、グリスを・・・あ、そういえばグリスなんて持ってないよ。普段使う用事ないもの。ただいま、深夜3時。ホームセンター開いてないね。まぁ、いいや、シュノーケルの時に使うワセリンとりあえず塗っとこ。だめだったらまた開ければいいしね。
 
で、元通りに組みたて直して、無事ふっかーつ!!!完全に直りました。この程度でわざわざ修理に出さなくてよかったー。
 
しかし、アレだね、こうやって開けて中見たりすると、今まで以上に愛着湧くものだねぇ。
 
最近の電化製品はPC含め、開けたら基盤ドーン、はい終了、なにもできませーん、ってものが多いけど、こういう機構が入っているものはやっぱ良いなぁ。盛り上がる。
 
ちなみに、開けて中身知ったから後で分かったことなんだけど、CP300の分解動画、youtubeにあった・・・・CP300ではなく、Clavinovaってタイトルであがってた。それじゃ気付かんわいー orz


しかしさっきの鍵盤外す道具、オレはスチール定規使ったけど、この人、歯を長く出したカッター使ってない!?こっわー!!

コメントは受け付けていません。